▼ ピン・クッション (針山) 

「木枠織り」という方法で、ざっくりとした布を織ります。

そして、その布を使って、針山をつくります。

教室で主に使用する卓上織機を使う前に、
「木枠織り」で、まずは糸になじんでみましょう!

とても原始的な織り方です。この方法を使えば、おうちに何か枠状のものさえあれば、すぐに織りをはじめることができます。 

▼ コースター もしくは フラワーベースマット

様々な色の糸を用いて、繊細で、ちいさな布を織ります。

タテとヨコ、布はシンプルな構造でできています。
実際に織りながら、織り機使い方、糸の始末の方法、織るリズムをつかんでいきましょう!

ちいさな布はコースターに、花瓶敷きに、
アイディア次第で小さなポーチにも!

▼ サキオリ バッグ

布を裂いて、糸状にしたら、それを使って布を織ります。できた布は、かばんに仕立てます。

裂き織りはとっても楽しい!同じサイズ、同じ織り方でも、どんな布を裂くかでまったく表情が変わります。
浴衣や洋服などのもとの生地の様子が見えそうで見えない。織ってみてはじめてのあらわれる布の表情があります。

かばんに仕立てるところまでを自分でするのは大変ですが、それはもう、愛おしくてしかたないかばんになるはずです。 

▼ チェックマフラー

ウールの糸でマフラーを織ります。

とても風合いのあるウールの糸。色々ないろを準備しています。どんな服装に合わせようか?お気に入りのコートに合うようなチェックにしよう!なんて、巻く時のことを想像している時間はとても楽しいです。

少しでもウキウキした気持ちで過ごせるような
そんな一枚が織れたらいいな、と思います。 

▼ 植物染料による染め

藍やザクロ、やまももなど、季節の植物を染料として用いた、染めの体験もカリキュラムに含まれています。

幾何学模様を作り出す、板締め絞りや
ひもでグルグル締め上げる、絞り染めなど、

さまざまな模様を布に作りたいと思います。


Using Format